ゆずもちをオリジナルキャラクター作成ツールでつくったらどうなるか

ネットをうろうろしていたら、オリジナルキャラクターを作成できるツールがあることを知りました。

今回は、そのツールで「ゆずもち」をどこまで再現できるかやってみました。

f:id:yuzumochi3:20171112131318g:plain

これが、ゆずもち

はたしてどんなふうになるのでしょう。さっそくスタートです。

Chibi Maker

まず挑戦したのはこちら。

f:id:yuzumochi3:20171119231316j:plain

Chibi Makerというキャラクター作成サイト。これでゆずもちをつくってみます。

1つ1つパーツを選択しながらデザインを決めていきます。

f:id:yuzumochi3:20171119231939j:plain

パーツの数は膨大で、いろいろなデザインのキャラクターをつくることができます。かわいいものから、ギャグっぽいものまで好みにあわせてつくれます。

・・・で、できたゆずもちがこちら。

 

f:id:yuzumochi3:20171119232130j:plain

くたー。

・・・かわいいな、おい(笑)。

Chibi Makerはアクセサリーパーツも豊富で、映画「インシディアス」に出てきたガスマスク霊媒師みたいなガスマスクもあります。

f:id:yuzumochi3:20171119232359j:plain

・・・・・・。

・・・・・・。

キャラクターなんとか機

つづいて、キャラクターなんとか機 Web版を使ってみました。

こちらもパーツを1つ1つ選んでデザインを決めていきます。

f:id:yuzumochi3:20171120000753j:plain

キャラクターは、Chibi Makerよりも頭身が高め。

・・・で、できたゆずもちがこちら。

f:id:yuzumochi3:20171120001039j:plain

 ・・・くたー。

あほ毛がかわいい子ができました。

ま・・・まあまあ、いい線ですかね。

遊べる♪萌えキャラアバター作成サービス「きゃらふと」

次に挑戦したのはきゃらふと

「萌えキャラアバター作成サービス」と銘打っているだけあって、まさに萌えなキャラクターができあがります。

f:id:yuzumochi3:20171120001741j:plain

 

・・・これはどう考えても、ゆずもちには似ない予感がぷんぷんします(笑)。

f:id:yuzumochi3:20171112131318g:plain

・・・そんなことを考えつつ、なんとか似せようと作ったのがこれ。

f:id:yuzumochi3:20171120002513j:plain

・・・ファッ!?意外といけてるのでは??

手に持ってるものも、なかなかの再現度です。

しかし、なんだかファイアボールとかぶつけてきそうな顔をしていますね。

きゃらふとは、パーツが豊富でいろいろと遊びがいがあります。

f:id:yuzumochi3:20171120002658j:plain

まとめ

こういったサービスを使うのは初めてだったのですが、あまりの面白さに時間を忘れて没頭してしまいました。

できあがったキャラは、規約の範囲内であれば、アイコンなどいろいろな場面で使えますよ!