え、ラジオ体操って第3もあったの!?

先日、初めて知ったのですが、ラジオ体操って第3もあるんですね。

DVD付き 幻のラジオ体操第3

なんとDVDつきの解説書が販売されています(笑)。

というわけで、今回はラジオ体操についてです。

 

ラジオ体操第3

さて、まずはラジオ体操第3の動画からみてみましょう。


ラジオ体操 第3(号令入り)【公式】


なんだか中学生が作った「~してみた」系の動画みたいですが、日本コロムビアの公式動画です(笑)。

それにしても、これはなかなか難しそう!

ラジオ体操第3には初代と2代目があるそうで、この動画は2代目のよう。初代に比べて、動きがよりアグレッシブになっているらしいです。

 

 

少年が終始うつむき加減なのは、そういう体操なのか、イヤイヤやっているのかどっちなんだろうね!

 

 

お蔵入りしていた第3

さて、この「ラジオ体操第3」ですが、1939年に初代が、1946年には2代目ができたそうですが、動きのむずかしさなどからお蔵入りになったのだそう。

その復刻版が、上の解説書や動画というわけですね。龍谷大学の安西将也教授と井上辰樹教授によって復刻されたとのことです。

 

ネタのようですが、第4も

ちなみにネタのようですが、第4もあります(笑)。表記が「オ体操第4」というのもミソですね。


【ラヂオ体操第4】

 

本物っぽいつくりなので、つい公式のものと思ってしまいそうですね(笑)。

 

いろいろなラジオ体操

日本コロムビアは、ラジオ体操第3のほかにも、様々なバージョンのラジオ体操を出しています。

いくつか紹介してみましょう。いずれも日本コロムビアの公式動画です(笑)。

 

ラジオ体操第1

まずはこちら。


ラジオ体操第一 岩手弁で体操してみた


ラジオ体操第一の岩手弁バージョンです。見ていると、なんだかふしぎな気分になってきます。号令のテンションと、体操する人のテンションの違いも見ものですね(笑)。

 

 

なぜみんな暗い顔をしているのかwww

 

 

土佐弁バージョン

つづいてはこちら。


ラジオ体操第一 土佐弁で体操してみた

 

なんとも味がある「土佐弁バージョン」です。よくみると、岩手弁バージョンと同じ人が体操していたりします(笑)。

 

ラジオ体操第2

さて、こちらも公式動画ですが、上の2つよりも完成度があがっています。


ラジオ体操 第2 京都弁~土佐弁


方言になるだけでも、ずいぶんと印象の変わることがわかります。

 

ちなみに、これらのバージョンは「ご当地版 ラジオ体操第1・第2」として販売されています。

ラジオ体操第1・第2 ご当地版 DVD付き

ダウンロード版もあります。Amazonのプライム会員なら、プライムミュージックでも聴けるみたいです(笑)。

 

ラジオ体操 第1・第2 ご当地版

ラジオ体操 第1・第2 ご当地版

 

 

 

まとめ

今回はラジオ体操についてでした。しかし、こうしてみるとラジオ体操って面白いですね。第3を上手にできるようなったら、自慢できそう(笑)。

大晦日に何を書いているんだって感じですが、みなさまよいお年を!