ガムとチョコを一緒に食べると、なぜガムが溶けるのか

ガムを噛んでいる時にチョコレートを食べると、いつの間にかガムがなくなっていることがあります。

これ、前々からふしぎに思っていたのですが、チョコと一緒に食べるとガムが溶けるんだそうですね。

というわけで、早速その理由を調べてみましたよ!

 

ガムとチョコを一緒に食べると、ガムが溶ける理由

ガムとチョコレートを一緒に食べると、なぜガムがなくなるのか。原因は、ガムとチョコレートの成分にあります。

ガムは油によわい

ガムのベースに使っている材料には、「油に溶ける」という性質があります。

対して、チョコレートには「油脂成分」が入っています。そう、これがガムとチョコを一緒に食べると、ガムが溶ける原因なんですね。

 

 

なるほど!だから口の中でガムがどんどん消えていってしまうんですね!

 

 

チョコ以外でもガムは溶けます

ちなみにチョコレート以外でも、脂っぽいもの、油脂成分があるものなら、ガムを溶かします。

たとえば、これ!

カルビー ポテトチップス うすしお味 60g × 12袋

ポテトチップスもガムを溶かします(笑)。

 

また、これもガムを溶かします。

カルビー かっぱえびせん 90g × 12袋

かっぱえびせんです。

基本的に、油脂成分が含まれているお菓子ならガムを溶かしますので、対象になるお菓子は多そうですね。ビスケットもガムを溶かしちゃいますよ。

 

ガムは大トロでも溶けます(笑)

そのほかお菓子以外でも、考え方は同じです。

ユニークなところでは、

  • マヨネーズ
  • バター
  • 大トロ

と一緒に食べてもガムは溶けるそう(笑)。

 

 

大トロは試してみたいけれど、もったいないwww

 

 

ガムの賞味期限

ロッテ クールミントガム 9枚×15個

さて、ガムをよくみると、賞味期限の表示がないものが多くあります。

「これ、何でだろう」と思ったのですが、ロッテのお客様相談室のページをみると、次のように書かれています。

ガムは、水分が非常に少なく常温で保管された場合、品質の変化が殆ど生じません。

そのため、砂糖や塩と同じように、表示を省略させて頂いております。(食品衛生法では、特に長期保存可能なものは賞味期限を省略することができるとなっております。) -「お客様相談室 ガム | お口の恋人 ロッテ」より引用

 

 

なるほど、そういうことだったんだね!

 

 

これ、あくまで「省略できる」のであって、「賞味期限なし」ではないのだそう。賞味期限を省略できるのは、アイスクリーム類でもありますね。

 

賞味期限の表示が義務付けられているガムも

ちなみにガムの中でも、特定保健用食品の許可を受けているガムは賞味期限の表示が義務付けられているそうです。

ロッテ キシリトール ガム フレッシュミント ファミリーボトル【特定保健用食品 特保】 143g×6個入

有名なところでは、キシリトールがそれにあたりますね。

 

まとめ

今回はガムとチョコを一緒に食べると、なぜガムが溶けるのかについてでした。長年の疑問がやっと解けました(笑)。ガムと一緒にお菓子を食べるときも、注意が必要ですね。

 

 

・・・というか、一緒に食べる理由がどこにwww