【車の運転】左足ブレーキで、アクセルの踏み間違い事故は減らせるのか

MARK43 1/43 スズキ ハスラー X サマーブルーメタリック

 

先日、新聞をみていたら、「アクセルの踏み間違い事故」の対策の1つとして「左足ブレーキはどうか」といったことが書かれていました。

 

「左足ブレーキ」とは、車の運転をする時に、アクセルを踏む足と、ブレーキを踏む足を別々にしましょうというものです。

 

つまり右ハンドルの車なら、「アクセルは右足・ブレーキは左足」と役割分担をしてしまうのですね。

こうすることで、右足だけで操作するより運転がしやすくなり、踏み間違いも起こりにくくなるだろうというのが左足ブレーキの考え方です。

 

というわけで、今回は「左足ブレーキ」についてです。

 

左足ブレーキのメリット

さて、この「左足ブレーキ」ですが、実は、ゆずもちもずっと左足ブレーキです。

 

というのも、もともと「右足だけで両方やるって無理があるんじゃね?」と思っていたので、免許をとってしばらくしてから、自己流で左足ブレーキにしたんですね(笑)。

 

というわけで、個人的に感じている左足ブレーキのメリットを書いてみます。

  • 右足を踏みかえる必要がないので、運転がすごく楽
  • ブレーキを軽く踏みながらアクセルなど、速度の微調整がしやすい
  • 咄嗟のブレーキに対応しやすい(左足が常にブレーキのところにあるので、ダイレクトに踏める)

といった点にメリットを感じています。

 

あまりおおっぴらにすることではないかもしれませんが、本当に間一髪のところで、ブレーキが間に合い、事故を起こさずにすんだこともあります(右だったら間に合わなかったかも)。

 

あと、気分的なところですが、足の置き場所が安定するので、疲れにくくなった気もします。

 

レーシングドライバーが語る左足ブレーキ

さて、左足ブレーキですが、少し古い記事ですが、レーシングドライバーの方が左足ブレーキについて語った記事があります。

 

102LAP あなたは右派、それとも左派? ~木下隆之のクルマ連載コラム~ クルマ・スキ・トモニ | コラム・インタビュー | GAZOO Racing | GAZOO.com

 

記事では、「レーシングドライバーの間でも左足ブレーキが増えてきている」「公道でも便利」など、左足ブレーキの恩恵や優位性について語っています。

 

個人的には「そうそう!」と思いながら読んだのですが、「左足ブレーキ」を誰にでもおすすめできるかといわれると、正直、迷ってしまう部分があります。

 

左足ブレーキを誰にでもおすすめできないわけ

左足ブレーキは、アクセルを右足・ブレーキを左足で操作するというものですが、単純なようで、慣れるまではやはり大変です。

これから免許をとる人ならまだしも、ずっと右足だけで操作していた人が、急にやり方を変えるのは、かえって危ないように思います。

 

アクセルやブレーキの操作は、少しのミスが大きな事故につながる可能性があります。路上で練習・・・なんてわけにはいきませんからね。

そう考えると、左足ブレーキの認識が広まっても、すぐに事故自体の数が変わるかどうかはわからない気がしますね。

 

まとめ

今回は、左足ブレーキについてでした。実はゆずもちは、まわりに左足ブレーキの人がおらず、よく「ヘンだよ」といわれていました(笑)。

今回はちょっぴりマジメな記事でございました。