ふと思ったのだが、時代小説と歴史小説は何が違うのだろう

こんにちは、ゆずもちです。

先日、藤沢周平さんの「隠し剣 孤影抄」を読みました。これ、めちゃくちゃ面白いですね。

ふだん、時代小説を読まないゆずもちでも、思いっきりハマってしまいました。

新装版 隠し剣孤影抄 (文春文庫)

タイトルに「隠し剣」とあるように、代々伝えられてきた秘伝の剣をモチーフにした短編集です。

「邪剣竜尾返し」「臆病剣松風」「必死剣鳥刺し」など、様々な秘伝の剣が出てきます。

 

 

臆病剣という名前にワロタwww

 

 

と、書いているうちに、ふと思いました。

時代小説と歴史小説って何が違うんだろう・・・

というわけで、さっそく調べてみましたよ!

 

時代小説と歴史小説の違い

ゆずもちは、時代小説と歴史小説は「呼び方の違いぐらいかなあ」と思っていたのですが、定義としては次のような違いがあります。

 

時代小説

時代小説は、時代劇の小説版と考えるとわかりやすいそう。時代小説には、主に次のような特長があります。

  • 登場人物は架空の人物でもOK(歴史上に存在しない人物など)
  • 実在の人物が登場しても、史実とは違う行動や設定をしてもOK

といった点があります。

架空の人物でいえば、銭形平次が有名ですね(野村胡堂の「銭形平次捕物控」がモチーフ)。

また、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」のように、人物は実在はしたけれど、史実とは違う設定や行動がされているものも、時代小説にあたります。

竜馬がゆく〈1 立志篇〉

現在の「坂本龍馬」のイメージはこの小説から!と言われる作品ですね。

そのほか、山田風太郎の忍法帖シリーズのように、人物が人間離れした忍法を使うものなども時代小説にあたります。

甲賀忍法帖 山田風太郎忍法帖(1) (講談社文庫)

これも名作ですなあ!

歴史小説

つづいて、歴史小説についてみてみましょう。こちらは、次のような特長があります。

  • 実在した人物を中心に、史実通りまたは史実に近い形で展開する
  • わき役等に架空の人物を出してもOKだが、展開には影響を及ぼさない

といった点があります。あくまで「史実に即した物語」であることがポイントですね。

 

 

鬼平犯科帳みたいに、人物は実在したけれど創作がメインなものは、歴史小説じゃないってことだね!

 

 

歴史小説で有名なところでは山岡荘八の「徳川家康」などがあります。

徳川家康(1) 出世乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫)

歴史小説は、史実ベースであれば、多少のフィクションが入る余地があります。特に、会話部分は作者の創作が入ってもOKとされています。

 

となると、「隠し剣」シリーズは

さて、 時代小説と歴史小説の違いをみたところで、冒頭に挙げた藤沢周平「隠し剣」シリーズをみてみましょう。

このシリーズは「隠し剣 孤影抄」のほかに「隠し剣 秋風抄」があります。

新装版 隠し剣秋風抄 (文春文庫)

どちらも江戸のころを舞台にしていますが、架空の人物、架空の物語、架空の剣術をもとに紡がれています。

史実ベースでなく創作が主になっているので、これは「時代小説」という分類になるわけですね。

 

 

このシリーズ、めちゃくちゃ面白いですよ!

 

 

まとめ

「時代小説と歴史小説は何が違うんだろう」と思っていましたが、定義としてはかなりの違いがあることがわかりますね。

ただ、明確な線引きがあるわけではないので、作品によっては「どちらともいえる」なんてものもありそうですね。