「カド」「ケド」「B紙」「ガバリ」これ、何のことかわかる? ~岐阜の方言~

先日、岐阜の方言の本を読んでいたら、懐かしい言葉がありました。

  • 「カド」
  • 「ケド」
  • 「B紙(びーし)」
  • 「ガバリ」

 どれも小学校の授業や宿題で使っていたものですが、ほかの地域ではあまり使われないようです。

これらはそれぞれ次のような意味があります。

  • 「カド」=漢字ドリル
  • 「ケド」=計算ドリル
  • 「B紙(びーし)」=模造紙
  • 「ガバリ」=画鋲

こうした「地域独特のいいまわし」も方言になるそうです。

同じ岐阜県内でも「カド」「ケド」を、「カンド」「ケード」と呼ぶ地域もあります。今回は岐阜県の方言シリーズその2です。

岐阜県の方言シリーズその1はこちらです。

www.yuzumochi.com

岐阜の方言がたのしくなる本

さて、冒頭で紹介した「岐阜県の方言」の本ですが、今回読んでいるのは「みんなで使おっけ 岐阜のことば」という本です。

みんなで使おっけ!岐阜のことば

なんだか不安になる絵の表紙ですが、 著者はこの方面の第一人者、「岐阜県方言辞典」の山田敏弘先生(現・岐阜大学教授)です。

岐阜の方言を「共通語訳つき」で学べる1冊

中をみてみると、表紙の不安はどこへやら、しっかりとした内容になっています。

f:id:yuzumochi3:20180209142755j:plain

岐阜弁と日本語訳・・・じゃなくて標準語が書かれており、語の解説や用法が書かれています。教科書のようなつくりになっていて、実に本格的です。

 

意外と知られていませんが、岐阜でも関西弁のように語尾に「~や」をつけます。

f:id:yuzumochi3:20180209142736j:plain

ふだん使っている言葉でも、こうして文字になったものをみると、ずいぶんと印象が違ってみえます。

「約束あるで、行けん」「寒かったもんで寝た」とか、非常にへんてこな言語です。

そのへんてこな言語を使っている、へんてこな人・・・

模造紙のことを「B紙」と呼ぶのはなぜなのか

さて、冒頭の方言に戻りましょう。

カド・ケドは漢字ドリル、計算ドリルの略だからわかるとして、「模造紙をなぜB紙と呼ぶのか」は謎ですよね。

マルアイ マス目ロール 30 白 マ-53

「みんなで使おっけ 岐阜のことば」には、その由来について、次のようにかかれています。

・和紙の大きさの基準を「B版」という

・美濃和紙の伝統を持つ岐阜県だからこその言い方

 なんと、和紙からきていました。

ちなみに「B紙(びーし)」は、岐阜県のほかに愛知の一部でも使われているようですよ。 

岐阜県では「B紙」を共通語と思っている人も多かったりします。

お店でも「B紙」で通じます

ゆずもちの地元では、お店でも「B紙」といえば伝わります。「B紙ありますか」「はい、B紙ですね」なんて感じで会話します。

お店では「これ、模造紙って書いてあるんですけど、B紙でいいんですか?」なんて会話もあったりします。

「ペーシ」もあります

B紙のほかに、「ペーシ」もあります。

これも方言なのですが、本やノートの「ページ」のことです。「はい、次は○ペーシ」「ペーシをめくって」なんて使い方をします。

今では年輩の方が使うぐらいですが、「ペーシ」について「みんなで使おっけ 岐阜のことば」では次のように解説されています。

  • 岐阜では共通語で濁音がつくものでも、濁音をつけないことがある(清音)
  • 似たような例に「同じ(おんなじ)」を「おんなし」という
  • ドイツ語にも似た現象がある

なんとドイツ語似!地元の言葉もこうしてみていくと、たのしいものですね。

まとめ

今回は岐阜の方言シリーズその2でした。ふだん何気なく使っている言葉でも、こうしてみると面白いものですね。

今回紹介した本の中には、方言を捨てるのではなく、方言も共通語も両方話せるといいね、といったことが書かれていました。名言ですね!