「古生物の飼い方」という図鑑がおもしろすぎる件

こんにちは、ゆずもちです。

先日、「古生物の飼い方」という本を読んだのですが、素晴らしい1冊だったので紹介します。

「もしも?」の図鑑  古生物の飼い方


タイトルにある通り、「古生物(こせいぶつ)をペットにできたら、どう飼う?」が書かれた1冊です(笑)。

 

古生物の飼い方

この本には、なんと130種類以上の古生物の飼い方が載っています。

 

1体ごとのデータも細かく、こんな感じで書かれています。

f:id:yuzumochi3:20180114130913j:plain

引用:「もしも?」の図鑑 古生物の飼い方 P91より

学名や化石産地、分類、飼い方などがとてもわかりやすく書かれています。

 

そう、切り口はネタっぽいですが、飼い方を通じて、生態や特長がわかるという秀逸なつくりになっています。

 

 

かわいい古生物もいっぱいいるんだぜ

 

 

飼いやすさを10段階で評価

この本では、それぞれの生き物の飼いやすさを☆の数であらわしています。

10段階評価で、飼いやすい古生物ほど☆の数が多くなります。

 

☆の多い古生物を探してみると・・・

f:id:yuzumochi3:20180114131344j:plain

引用:「もしも?」の図鑑 古生物の飼い方 P30より

おお、三葉虫です!☆が9つもあります。サイズも1cmぐらいと飼いやすそうなサイズです。

 

そのほか、こんな古生物も飼いやすいようです。

 

f:id:yuzumochi3:20180114133041j:plain

引用:「もしも?」の図鑑 古生物の飼い方 P98より

あらやだ、かわいい。

よくみると、だっこされているディイクトドンの左手が微妙な位置にあります(笑)。それに気づくと、ディイクトドンがとたんにエロオヤジにみえてきます。

 

 

女の子の固まり具合といい、何かとシュールな絵だね!

 

 

古生物は、気持ち悪いのか

さて、この本、表紙をみると「気持ち悪い!!」と大きく書かれています(笑)。

 

「もしも?」の図鑑  古生物の飼い方 

 

・・・が、実際は、ここまで紹介したように「ちゃんとした図鑑」なので、グロさや気持ち悪さを前面に出したつくりではありません。

確かに、ふしぎな形態のものもありますが、読んでいくうちに感覚がマヒ 慣れてきます。

 

本書の45ページにもこのように書かれています。

f:id:yuzumochi3:20180114142138j:plain

引用:「もしも?」の図鑑 古生物の飼い方 P45より

 

・・・(笑)。

 

そもそも「古生物」とは

f:id:yuzumochi3:20180114130800j:plain

引用:「もしも?」の図鑑 古生物の飼い方 P53より

 

さて、「古生物(こせいぶつ)」ですが、次のような定義になっています。

人類の歴史がはじまる前の時代を「地質時代」と呼びます。そして、その地質時代に生きていた生物を「古生物」と呼びます。引用:「もしも」の図鑑 古生物の飼い方 P12より

 

「古生物の飼い方」で取り上げているのは、約5億4100万年前からはじまる「古生代」の生物。カンブリア紀、オルドビス紀、シルル紀、デボン紀、石炭紀、ペルム紀の古生物をピックアップしています。

 

 

ふぇぇ、気の遠くなりそうなほど昔なんだね!

 

 

それをふまえて、次のカットをみるとロマンを感じますよ!

 

f:id:yuzumochi3:20180114142058j:plain

 引用:「もしも?」の図鑑 古生物の飼い方 P86より

 古代生物とインスタ映えwww

 

鳥は恐竜

このように見どころいっぱいの「古生物の飼い方」ですが、著者の土屋健さんは、様々な恐竜関連の本を出しています。おすすめはこの2冊。

 

大人のための「恐竜学」

大人のための「恐竜学」(祥伝社新書)

 

そして恐竜は鳥になった

 

そして恐竜は鳥になった: 最新研究で迫る進化の謎

 

実は、今って昔と比べて「恐竜」の解釈や常識がずいぶんと変わってきているんですね。

昔は、表面がウロコみたいに描かれていた恐竜も、最近の図鑑では羽毛が生えていたりします。そんな恐竜学の進歩が、この2冊を読むとよくわかります。

 

「古生物の飼い方」もそうですが、土屋健さんの本はユニークな切り口で、とてもわかりやすく書かれているので、たのしく読めますよ!

まとめ

今回は「古代生物の飼い方」を紹介しました。キワモノっぽくみえますが、図鑑としてよくできた1冊ですよ!おすすめ!