【はてなブログ】独自ドメインでwwwなしでもアクセスできるようにする方法

はてなブログProにすると、独自ドメインを使うことができます。

が、はてなブログは少し特殊で、独自ドメインを設定しても「www」なしではアクセスできない仕様になっています。

でもせっかくの独自ドメインですし、wwwなしでアクセスしたいですよね。

そこで今回は「お名前.com」で取った独自ドメインを例に、「www」なしでもアクセスできるようにする方法を紹介します。

はてなブログProの仕様について

まずははてなブログProの仕様について解説します。

一般的なサイトの場合

独自ドメインを適用すると、URLの「www」を省略してもサイトを表示することができます。

たとえば、 http://www.yuzumochi.com/ でしたら、

  • wwwあり:http://www.yuzumochi.com/
  • wwwなし:http://yuzumochi.com/

のどちらでもサイトが表示されます(入力する際の「http://」は省略可能です)。

が、はてなブログはwwwなしができません

はてなブログの場合

はてなブログは、wwwなしでは表示されない仕様になっています。

wwwなしでURLを入力すると、

f:id:yuzumochi3:20171112112718j:plain

といった表示になり、サイトにつながりません。

ヘルプにもこのように書かれています。

※はてなブログでは、サブドメインを使用しないexample.comでブログを運用すると、ドメイン名の仕組み上、トラブルの原因になることがあります。取得したドメインの前に、必ずサブドメイン(wwwやblogなど)を付加してください。 はてなブログヘルプ「はてなブログを独自ドメインで使用する

が、いくら仕様とはいえ、独自ドメインでwwwなしで表示ができないのは非常に不便です。

お名前.comの場合は、次の方法でこの問題を解消できます。

お名前.comでリダイレクト設定をする

お名前.comの転送サービスを使って、wwwなしでもアクセスできるようにします。

お名前.comには「転送Plus」というサービスがあります。

f:id:yuzumochi3:20171112134549j:plain

この機能を使うと、「wwwなし」でもアクセスできるようになります。

厳密には、wwwなしでアクセスがあった時に「wwwありのURLに転送」というしくみ(リダイレクト)になります。はてなブログではこの方法がいちばん簡単かと思います。

というわけで、設定方法です。

設定の手順

1.お名前.comのドメインNaviにログインし、「オプション設定」のタブをクリックします。

f:id:yuzumochi3:20171112113309j:plain

 

2.転送Plusの項目にある「URL転送設定」をクリックします(サイドバーにある「URL転送設定」をクリックしてもOKです)。

f:id:yuzumochi3:20171112113703j:plain

これで転送Plusの設定画面に入れます。ここから詳細を設定していきます。

 

3.転送設定をしたいドメインを選択します。

f:id:yuzumochi3:20171112114135j:plain

 

4.転送の設定画面になります。各項目を入力します。

f:id:yuzumochi3:20171112115253j:plain

それぞれ次のように入力します。

  • 転送元URL:空白のままでOKです(後ほど自動で入力されます)。
  • 転送先URL:「wwwのついたURL」を入力します。
  • 転送タイプ:「リダイレクト」を選択します。

 入力したら確認画面にすすみ、設定完了まですすめます。

 これで準備は完了です。

アクセスできるかチェックしてみよう

これで、「wwwなし」でアクセスできたら成功です。ためしてみましょう。

アドレスバーにwwwなしのURLを入力します。

f:id:yuzumochi3:20171112120259j:plain

 

そして、アクセスしてみると・・・

f:id:yuzumochi3:20180220223820j:plain


きちんと表示されています。これで、wwwなしでもアクセスできるようになりました。

・・・が、1つだけ注意点があります。

あくまで転送処理です

この方法はあくまで転送処理なので、wwwなしのURLからアクセスした場合も、サイトに表示されるアドレスは

 

f:id:yuzumochi3:20171112121010j:plain

 

となります。wwwありのURLです。

要は、「wwwなしへのアクセス」を「wwwありのURL」に飛ばしているのですね。いわゆるリダイレクトです。

なので、本アドレスは「wwwがあるほう」と考えるのがベストです。 

まとめ

今回はお名前.comでの方法でしたが、他社のサービスでも転送設定を使えば、wwwなしでもアクセスすることができます。

擬似的な方法ではありますが、同じ問題で困っている方がいましたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。